確定拠出年金

企業型の確定拠出年金「401k」の導入をお勧めします!

確定拠出年金とは

掛け金により、国が課税負担の優遇支援を行う個人年金制度です。掛け金や利息は非課税で、社会保険料の負担も不要です。毎月の掛け金は従業員が決めることができ、自分の口座に積み立てることができます。

国民年金や厚生年金は現役世代が支払った保険金を受給者に支払いますが、確定拠出年金は従業員が自分の為に積立をする仕組みです。

 

福祉制度の充実

福利厚生として制度を設け、給与体系を変更すれば、どの企業でも401kを導入できます。

所得税・住民税の控除になり、有利な老後の資産形成に資する事ができます。

掛け金は毎月1,000円~55,000円の間で従業員が自由に設定でき、運用も従業員一人一人が選択できます。

初期導入コストは無料です。

 

社会保険制度の軽減

例えば月収40万円の方が毎月給与から2万円を自分で積み立てる場合より、

月収38万円の方が毎月会社が2万円退職金として拠出する方が、社会保険料や所得税の負担は軽くなります。

 

元本確保型の運用もあり、これからの時代には確定拠出年金「401k」は有効な制度だと言えます。

 

確定拠出年金を扱っています

杉野経営労務事務所では数多くの経営者や従業員の為に、確定供出年金のサポートを行っております。

詳細は事務所にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

初回相談は無料でお受けしています。メールでのお問合せはこちらから 03-3888-6616