マイナンバー管理

マイナンバーとは

国民一人ひとりが持つ12桁の番号の事で、「行政の効率化」と「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会の実現」の3つを目的としています。2016年1月からマイナンバー制度がスタートしています。(社会保障・税番号制度)

日本国民と日本に滞在する(住民票がある)外国人が対象になります。

 

マイナンバー対策

マイナンバー対応の為に、マニュアルやポリシー、規約・就業規則の修正が必要になります。

マインバー法では「施策に協力するよう努めるものとする」と努力義務が課されている為、

努力義務を達成できていない企業には、ペナルティを課される可能性があります。

基本的な対策は下記を行うことになります。

1.マイナンバー制度の理解と周知

2.個人情報を取り扱う事務の洗い出し

3.制度対応の為に必要な事務や書類の明確化、運用ルールの策定

4.システムの改修

5.マニュアルの策定などを通じ、ルールの周知徹底

その為、マイナンバーの管理の為に、企業は下記4つの「安全管理措置」を行うことが必須になります。

 「組織的安全管理措置」
 「人的安全管理措置」
 「物理的安全管理措置」
 「技術的安全管理措置」

杉野経営労務事務所では、東京・千葉・埼玉・神奈川の企業様の為に、マイナンバーに関するサポートを行っております。

お気軽にご相談下さい。

初回相談は無料でお受けしています。メールでのお問合せはこちらから 03-3888-6616